熱橋キャップで快適な住まいづくり

熱橋キャップで快適な住まいづくり

熱橋(ヒートブリッジ)とは

構造躯体のボルトのための座彫り

建物の中で、局部的に熱を伝えやすい部分のことです。
熱を伝えると言うことは、すなわち熱が逃げていくと言うことです。
 
木造住宅などにおいては、木の柱と柱の間に断熱材を入れますが、柱の部分にはボルトなどの金物で結合されており、その部分が熱橋となり、断熱性能が低下、結露の原因となってしまいます。
 
冬の寒さが厳しい北海道や東北、北陸地方などでは、この結露の発生が長年にわたって発生すると、構造材を結合するボルトやナットが錆びてしまったり、木材が腐食してしまい、木造住宅の構造強度劣化の一因となっていました。

熱橋ボルトキャップ  座彫りに入れるだけ!作業コストを大幅ダウン!断熱性アップ!

熱橋ボルトキャップは、ボルトおよびナットの熱橋を防御することにより、結露を防ぎ、金物のさび、木材の腐食を防止します。
また、従来の発泡ウレタンフォームを使用した方法に比べ、作業コストを大幅に削減することができます。
構造現しの斜め天井や吹き抜けなどの空間に置いては、座彫りとボルトの化粧キャップとしても活用できます。

熱橋キャップで快適な住まいづくり

座彫りに押し込んで、ワンタッチで装着!
入れやすく抜けにくい形状が作業効率を高めます!

熱橋キャップで快適な住まいづくり

プラスチック製で内部に断熱材が入っているので、熱橋による結露防止に効果を発揮します!

発泡ウレタンフォームを使用した今までの方法にサヨナラ!作業効率が全然違います!

  • 発泡ウレタンフォームを使用した今までの方法にサヨナラ

    吹き付ける⇒
    膨らんで硬化するまでに待ちます⇒
    カッターではみ出た部分を削ります。
    その数一般的な一棟あたり、数百!!

  • 熱橋ボルトキャップなら座彫りにワンタッチで装着完了!

    熱橋ボルトキャップなら、
    座彫りにワンタッチで装着完了!。

  • 躯体内の結露を大幅に低減

    温度特性にも優れています!

熱橋のはなし・熱橋ボルトキャップのお問い合わせ・ご注文は・・・

お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 
木造在来軸組工法 プレカット工場や工法にこだわりのある地場の工務店様・ハウスメーカー様の採用多数!
最大手木造系ハウスメーカー様も標準仕様に採用いただいております!